新華国際時評:米が欧州を敵呼ばわり 関係にまたも冷や水

br88

2018-07-25

中国网财经7月10日讯(记者段思琦)近日,普华永道(PwC)根据全球公司2018年3月31日的股票市值marketcapitalisation排出“2018全球100大公司”排行榜,其中,上年排名第63位的亨氏今年却不在榜单内,什么原因让这家企业滑落出了榜单?中国网财经记者就上述问题联系卡夫亨氏(中国)相关负责人黄舜,对方并未直接回答问题,仅表示:“目前卡夫亨氏经营情况一切良好,如有进一步经营动作,将会通过官方渠道公布。

  该文称,“我们不知道这是奇迹、科学还是别的什么。但13名‘野猪’队的成员都已经离开了山洞。

    魏民洲还有一个独特的爱好。据媒体报道,魏民洲爱吃面食,在其出差期间,有人安排了专门的厨师跟随,带着做面食的工具和上好原料,以便在任何时间、任何地点,让他吃上一碗可口的手擀面。  而在2013年的西安市委常委扩大会议上,魏民洲就曾要求要坚决落实中央八项规定,狠刹公款吃喝,严厉查处顶风违纪行为。

  ”习近平总书记在十九大报告中的铿锵话语言犹在耳,反腐败国际合作就取得了新的突破。《联合声明》的发表,再度拓展了反腐败国际合作的“朋友圈”。《联合声明》就反腐败务实合作达成多项共识,包括加强反腐败执法合作,运用《联合国反腐败公约》开展引渡、司法协助和腐败资产追回合作,鼓励各方金融情报机构分享与腐败相关的反洗钱信息和情报,等等,为“10+1”框架下,中国和东盟各国加强反腐败合作提供了重要依据。  开启新篇章,夺取新战果。

  栏杆上系满游客的连心锁,寄托着他们的美好愿望。43岁的杨武军接过工友递过来的水杯,大口地喝着水,用这种方式做短暂的休息,缓解和调整好自己的状态。华山景区规定,景区内不能有眼睛能看到的垃圾存在。杨武军的工作就是带领徒弟拾检悬崖下的垃圾。

  文章指出:训词与训令,是两个至今尚未写入我军军语的名词。

  这则视频在脸书上的观看人数超过13万次。|狗狗将主人手机按在爪下不让其使用美国纽约居民哈莉·迪科肯(HaleyDeecken)拍摄了一段家中宠物狗邓金(Dunkin)“没收”其手机不让其拿走的滑稽视频,该视频一经发布迅速走红,网友们在被邓金的可爱行为萌到的同时也掀起了关于过度使用手机的讨论。|运动后喝冷饮有害健康吗?运动后来一杯冰镇特饮,感觉分外畅爽?大多饮料广告的画面,其实是种对健康有害的误导。中医专家指出,运动后喝冷饮、冲冷水澡都会损害人体的健康。

  随后,160多名警力组成23个抓捕组分赴福建厦门、海南海口、吉林四平以及沈阳、大连等四省五市,同时展开抓捕行动。

【新華社ブリュッセル7月20日】トランプ米大統領はこのほど、米CBSテレビのインタビューで、欧州連合(EU)を米国の「敵」と発言した。

この発言は米欧間の貿易上の対立を指すものとはいえ「敵呼ばわり」は米国の伝統的な盟友を自負する欧州を驚愕させた。  トランプ氏の大統領就任以来、米欧は貿易や環境保護、安全保障、政治の面で騒動が絶えない。 トランプ氏は先月、主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)の首脳宣言の採択を拒否した。 また、先ごろ開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(サミット)では、脅しや皮肉を交えてNATOに加盟する欧州諸国に国防支出の拡大を要求し、米欧の対立は再び世論の注目を浴びた。  米欧には今、明らかに「共通言語」が不足しており、議題においても双方の重点がかみ合っていない。 トランプ氏は防衛費負担の不均衡や対欧貿易赤字などの具体的なテーマで議論をすることを一貫して譲らないが、欧州は国際的な責任の共同分担や外部からの脅威への一致団結した対応などの議題をより重視している。

 問題を掘り下げれば、米欧の対立の根源はトランプ政権が「米国優先」に固執し、多国間主義に関心を示さなくなったことにある。 気候変動に関する国際的枠組み「パリ協定」やイラン核合意からの離脱に始まり、国連人権理事会などの国際枠組みからの離脱に至るまで、また「NATO時代遅れ論」から前回のG7サミットでの「途中退場」まで、トランプ氏の「我が道を行く」行動には「米国優先」のロジックがあり、多国間体制が米国の利益の最大化を損なうという考えがある。  トランプ氏の交渉に臨む姿勢も欧州に不安を与えている。

トランプ氏は国内の反対を無視しロシアのプーチン大統領とフィンランドの首都ヘルシンキで会談を行った。 これは欧州に緊張と不安をもたらし、米露の接近が欧州の利益を損なうとの懸念を抱かせた。

 いかに矛盾や敵意があろうと、米欧は完全に仲たがいをした訳ではない。

複雑に絡み合った長期にわたる盟友関係が一時的な軋轢で完全に破たんすることはあり得ない。

NATOのストルテンベルグ事務総長が語ったように、米国は欧州を必要とし、欧州もまた米国を必要としている。 米欧の関係が簡単には瓦解しないことは想像に難くないが、米欧の離反を促す「促進剤」の熟成を許すような事態が続ければ、数十年来の緊密な盟友関係といえども、ある程度の「変化」が生じることは決してあり得ないことではないだろう。  当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。 無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。 推薦記事:。